絵画で分かる旧約聖書・新約聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
天使聖人

聖クリストフォロスと川を渡りたい男の子

聖クリストフォロス-ハンス・メムリンク
ハンス・メムリンク〈聖クリストフォロス〉

ローマ人レプロブス

聖クリストフォロスは、もともとレプロブスという名前のローマ人でした。
キリスト教に改宗し、イエス・キリストに仕えることを決意すると、隠者を訪れ尋ねました。
「イエス・キリスト様に仕えたいのですが」
「人々に奉仕することがその道です」
隠者は急な川を指さして、渡る人々を助けることを提案しました。レプロブスはこれを聞き入れ、ただで人々を渡すようになりました。

ある日、小さな男の子が、レプロブスにお願いしました。
「おじさん、川を渡りたいのですが」
「お安い御用だ、坊っちゃん」
いつものように、レプロブスは答え、男の子を背負いました。

「???」

しばらく川を渡るうちに、男の子は異様な重さになり、レプロブスはくずれ落ちそうになりました。とうとう、背負いきれなくなって、男の子に問いました。
「あなたは、何者なのですか? そんな小さな体なのに、どうしてそんなに重いのですか?」
「レプロブスよ、わたしはイエス・キリストです」
イエスは全世界の人々の罪を背負っているため、重かったのです。

なんとか、イエスを背負ったまま川を渡りきったレプロブス。
「これからは、クリストフォロス(キリストを背負ったもの)と名乗りなさい」
イエスは、レプロブスを祝福しました。

聖クリストフォロスの殉教

イエスは、レプロブスが持っていた杖を地面に突き刺すよう命じました。彼がそうすると、杖から枝と葉が生えだし、みるみる巨木となりました。

後でこの木を見た多くの人々はその大きさに驚き、キリスト教に改宗しました。この話は、皇帝デキウスの耳にも入り、クリストフォロスは捕らえられてしまいました。彼は拷問を受けたあと、斬首されたと言います。3世紀のローマ時代のことでした。

〈クリストフォロス(キリストを背負ったもの)別説〉

もっとも偉大な主は?

ゴルムにとって「父はもっとも偉大な主」でした。ある日、彼は父が王に税を払っていることを知り、父より偉い「王こそ、もっとも偉大な主」と思い、王に仕えることにしました。しかし、面会かなった王は「自分にとっては、悪魔がいちばん恐ろしい」と言ったので、今度は悪魔に仕えようとしました。

やがて、悪魔がゴルムの前に現れ、町を破壊するよう命じました。
「悪魔こそ、もっとも偉大な主だ」とゴルムは命令を聞いていました。
しばらくすると、悪魔は言いました。
「教会だけは壊してはいけない。なぜならそこは『王の中の王』が住む場所だからだ」
これを聞いたゴルムは悪魔と別れ、「王の中の王」を探しにでました。

王の中の王

ある川にくると、彼は「もうすぐ王の中の王がこの川を渡るだろう」と聞きました。ゴルムは川辺に住み、ただで人々が川を渡るのを手伝いながら「王の中の王」を待ちました。
数十年たった冬の日、
小さな男の子が川を渡りたいと現れました。ゴルムは年老いていましたが、快く男の子を渡してあげたのです。

すると、男の子はイエス・キリストに姿を変えたのです。
「とうとう会うことができました」
感激したゴルムは、目に涙を浮かべ言いました。
そんな彼にイエスはこう言いました。
「今まで、あなたが川を渡した人々すべてが、私イエス・キリストである。これより、『クリストフォロス(キリストを背負ったもの』と名乗りなさい」

※川を渡るという過程は、救済に至る魂の道を表しています。

聖クリストフォロス-ボス
ボス〈聖クリストフォロス〉

前のページへ 次のページへ