絵画で分かる1話5分の聖書

私にとって、聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つアートバイブルです。
創世記

ヤコブの祝福

エサウ、鹿肉をとりに出る
〈エサウ、鹿肉をとりに出る〉

イサクは年老い、目がかすんで見えなくなった時、長子エサウを呼んで言った、
「子よ」。彼は答えて言った、「ここにおります」。イサクは言った。「わたしは年老いて、いつ死ぬかも知れない。それであなたの武器、弓矢をもって野に出かけ、わたしのために、しかの肉をとってきて、わたしの好きなおいしい食べ物を作り、持ってきて食べさせよ。わたしは死ぬ前にあなたを祝福しよう」

イサクがその子エサウに語るのをリベカは聞いていた。

やがてエサウが、しかの肉を獲ようと野に出かけたとき、リベカはその子ヤコブに言った、
「それで、子よ、わたしの言葉にしたがい、わたしの言うとおりにしなさい。群れの所へ行って、そこからやぎの子の良いのを二頭わたしの所に取ってきなさい。わたしはそれで父のために、父の好きなおいしい食べ物を作りましょう。あなたはそれを持って行って父に食べさせなさい。父は死ぬ前にあなたを祝福するでしょう」

ヤコブは母リベカに言った、
「兄エサウは毛深い人ですが、わたしはなめらかです。おそらく父はわたしにさわってみるでしょう。そうすればわたしは父を欺く者と思われ、祝福を受けず、かえってのろいを受けるでしょう」
母は彼に言った、
「子よ、あなたがうけるのろいはわたしが受けます。ただ、わたしの言葉に従い、行って取ってきなさい」

そこで彼は行ってやぎの子を取り、母の所に持ってきたので、母は父の好きなおいしい食べ物を作った。 リベカは家にあった長子エサウの晴着を取って、弟ヤコブに着せ、また子やぎの皮を手と首のなめらかな所とにつけさせ、彼女が作ったおいしい食べ物とパンとをその子ヤコブの手にわたした。

イサク、ヤコブを祝福する
〈イサク、ヤコブを祝福する〉

そこでヤコブは父の所へ行って言った、「父よ」
すると父は言った、「わたしはここにいる。子よ、あなたはだれか」
ヤコブは父に言った、
「長子エサウです。あなたがわたしに言われたとおりにいたしました。どうぞ起きて、すわってわたしのしかの肉を食べ、あなたみずからわたしを祝福してください」
イサクはその子に言った、
「子よ、どうしてあなたはこんなに早く手に入れたのか」
彼は言った、
「あなたの神、主がわたしにしあわせを授けられたからです」
イサクはヤコブに言った、
「子よ、近寄りなさい。わたしは、さわってみて、あなたが確かにわが子エサウであるかどうかをみよう」

ヤコブが、父イサクに近寄ったので、イサクは彼にさわってみて言った、「声はヤコブの声だが、手はエサウの手だ」。ヤコブの手が兄エサウの手のように毛深かったため、イサクはヤコブを見わけることができなかったので、彼を祝福した。

イサクは言った、
「あなたは確かにわが子エサウですか」
彼は言った、「そうです」
イサクは言った、
「わたしの所へ持ってきなさい。わが子のしかの肉を食べて、わたしみずから、あなたを祝福しよう」

前のページへ 次のページへ