絵画で分かる1話5分の聖書

私にとって、聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つアートバイブルです。
天使聖人

大天使ミカエル

大天使ミカエル
ルカ・ジョルダーノ〈大天使ミカエルと叛逆天使たち〉美術史美術館

ミカエルは、ガブリエル、ラファエルとともに三大天使の一人。ミルトン『失楽園』では、ミカエルは堕天使ルシファーとその一味を地獄の底に戦い落とします。このように、ミカエルは戦いの場で数々の戦功をたて、イエスの厚い信頼を得ています。

ミカエルは熾天使(してんし:セラフィム、天使9階級のうち第1位)で、絵画では右手に燃える剣、左手に秤を持って描かれます。記念日は5月8日と9月29日。

※熾天使:熾は赤くおこった炭火。三対六枚の翼を持ち、2つで頭を、2つで体を隠し、残り2つの翼ではばたく。神への愛と情熱で体が燃えている天使

叛逆天使の墜落
ピーテル・ブリューゲル〈叛逆天使の墜落〉ベルギー王立美術館

(ダニエル書 第10章)
彼はわたしに言った、「ダニエルよ、ペルシャの国の君が、二十一日の間わたしの前に立ちふさがったが、天使の長のひとりであるミカエルがきて、わたしを助けたので、わたしは、彼をペルシャの国の君と共に、そこに残しておき、末の日に、あなたの民に臨まんとする事を、あなたに悟らせるためにきたのです。この幻は、なおきたるべき日にかかわるものです」

「あなたは、わたしがなんのためにきたかを知っていますか。わたしは、今帰っていって、ペルシャの君と戦おうとしているのです。彼との戦いがすむと、ギリシヤの君があらわれるでしょう。しかしわたしは、まず真理の書にしるされている事を、あなたに告げよう。わたしを助けて、彼らと戦う者は、あなたがたの君ミカエルのほかにはありません」

(ダニエル書 第12章)
その時あなたの民を守っている大いなる君ミカエルが立ちあがります。また国が始まってから、その時にいたるまで、かつてなかったほどの悩みの時があるでしょう。しかし、その時あなたの民は救われます。すなわちあの書に名をしるされた者は皆救われます。また地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者は目をさますでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、また恥と、限りなき恥辱をうける者もあるでしょう。

賢い者は、大空の輝きのように輝き、また多くの人を義に導く者は、星のようになって永遠にいたるでしょう。ダニエルよ、あなたは終りの時までこの言葉を秘し、この書を封じておきなさい。多くの者は、あちこちと探り調べ、そして知識が増すでしょう」

聖ミカエルとドラゴン
ラファエッロ〈ドラゴン(悪魔)を打ちのめす聖ミカエル〉リーヴル美術館

前のページへ 次のページへ