絵画で分かる旧約聖書・新約聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
つっこみ!聖書ブログ

『キリストの棺(ひつぎ)』

キリストの棺

2007年7月刊行。もう10年が経ってしまいました。当時、センセーショナルな紹介をされていたように記憶しています。が、その後の進展はありませんでした。あらためて調べてみましたが、何も出てきません。

本書はフィクションではない。すべては事実にもとづき、事実を忠実に追っている
ジェームズ・キャメロン(序文より)

『キリストの棺(ひつぎ)』は、この墓をシンハ・ヤコビッチとチャールズ・ペルグリーノが、ジェームズ・キャメロンの協力のもと調査した本です。
シンハ・ヤコビッチ:エミー賞受賞ドキュメンタリー・ディレクター、プロデューサー
チャールズ・ペルグリーノ:純古生物学博士・鑑識考古学博士。映画「タイタニック」は、この著者の『Taitanic』が原案

1980年、イスラエルのタルピオットというところから、イエスの時代の一つの家族の墓が発見されました。その墓には、10個の骨棺(骨壷を直方体にしたようなもの)がありました。そのうち、7つには以下の名前が刻まれていたそうです。これらは、イスラエル骨董省に運ばれるとき1つが紛失。残りは今もそこに保管されています。

1.マリア
2.ヨセフ
3.マタイ
4.ヨセフの息子イエス
5.ヨセフの息子ヤコブ、イエスの弟
6.マラとして知られたマリアムネ
7.イエスの息子ユダ
※発見時輸送される時、紛失した。その後市場にて販売されていた。他の骨棺と同じ墓の状況下にあったと科学的に検証される。

この7人が同じ1つの墓から発見されたということは、家族ではないか、と推定されます。また、当時のイスラエルでは、マリア、ヨセフ、マタイ、ヤコブ、イエスなどはありふれた名前なのだといいます。しかし、同じ墓にこれらの名前の骨棺が揃っていることから、イエスの家族である確率は、いろいろな要素を掛け合わせても、またどう低くみても600分の1だそうです。

当時のイスラエルの男性人口は、推定8万人を考えると、これは、本当にイエスの家族の墓なのではないか?と著者たちは、いろいろ科学的に調べていきます。

マグダラのマリア
フレデリック・サンズ〈マグダラのマリア〉

マラとして知られたマリアムネとは?

この「マラとして知られたマリアムネ」という名前が、驚くべき名であったことが判明します。それは、これ骨棺が、あの「マグダラのマリア」ではないかということです。

「マラ」は指導者を意味し、「マリアムネ」とはなんと「マリアのギリシャ名」であることが明かされます。そして、「フィリポ言行録」によると、フィリポの妹の洗礼名は「マリアムネ」、指導者として兄をフォローするために、イエスからギリシャ方面に遣わされたとあるそうです。

そして、「イエス」と「マリアムネ」のDNA検定で、二人は親子兄弟関係ではないことが判明します。つまり、「イエス」と「マグダラのマリア」は肉親ではない。しかも、このふたりが同じ墓に入っているということは、「ダ・ヴィンチコード」ではありませんが、「夫婦」ではないかと著者たちは推定します。

そして、「イエスの息子ユダ」とは、この二人の子供ではないか?
しかし、「イエスの息子ユダ」の骨棺は洗われていて、DNA鑑定する遺伝子が得られなかった。つまり、親子関係は調べることはできなかったということです。

「キリストの棺」、あなたはどう思いますか!?

『キリストの棺(ひつぎ)』Amazon解説
エルサレムで見つかった2000年前の墓には、イエス・キリストと妻マグダラのマリア、そして息子「ユダ」が埋葬されていた??
銘刻解読と統計学的確率計算、遺骨の痕跡からのミトコンドリアDNA抽出と鑑識調査、墳墓内壁についた泥のミネラル成分解析、考古学史上はじめてのマイクロ・ロボットを使っての墓内撮影など、鑑識考古学者と、エミー賞受賞ドキュメンタリー・ディレクターが21世紀先端科学で聖家族の墓の真実を検証。
IAA(イスラエル遺物庁)との息詰まる攻防をまじえ、スピード感あふれる訳文で一気に読ませる。

前のページへ