アートバイブル1話5分で読める聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
失楽園

ルシファー眠られぬ夜、天使間アルマゲドン前夜

聖書には、サタンが堕天した理由が書いてありません。詳しく書かれているのが、ミルトンの「失楽園」。サタン「我はいかに堕天したか」の始まりです。
「失楽園」には、またサタンがイブにリンゴを食べさせる誘惑が詳しく書いてあります。意外に知っているようで、実はよく知らないサタンとエデンの園の原罪事件。一度、ミルトンの「失楽園」を読むことをオススメします。

ギュスターブ・ドレ「ミルトン失楽園」

サタン(ルシファー)は、地球のエデンを目指していました。
そのことを察知した大天使ガブリエルとラファエル。
地球のエデンには、アダムとイブが幸せに暮らしていました。

大天使ラファエルは、アダムに語ります。

「神が求め給うものは、我々の自発的な奉仕でこそあれ、強制された奉仕ではない。
愛するも愛しないも、その自由は我々の意志にあるからだ。墜ちるも堕ちざるも、この点にかかっている。
ある者が墜ちたが、彼らは不従順の罪に堕ち、天国から地獄の底へ落ちたのだ」

ラファエルの話は続きます。

「まだ、『堕落』のなんたるかを知らなかった頃、あれほど栄光に輝き、完全無欠であった多くの天使たちの破滅を、わたしは悲しみの心なくして語り得ようか?」

それは、地球とその周りが〈混沌〉としている頃の話

ある日、全能の主の大命によって、天使の大軍勢が集められました。それぞれの指揮者に率いられ、それぞれの軍旗を翻して、円陣を幾重に作り、整列していました。

軍勢の円陣の中心に、全能の主が立たれました。祝福につつまれた、主の御心に抱かれ座っている独り子を傍らにして。

全能の主が語り始めました。

「わたしの言葉を聞くのだ、すべての天使よ。光の子らよ。
今日、わたしは我が独り子と宣言するものを生み、この聖なる山においてその頭に油を注ぎ、王と定めた。今、わたしの右手に座っている。わたしは、彼を汝らの首(かしら)と定める。天のすべての者が、その前にひざまずき、彼を己れの主と告白することを求めようと、自らに誓った。

彼に背く者は、わたしに背く者である。

とりもなおさず、その者は暗黒の奈落に、けっして贖われることがない場所に呑み込まれるだろう」

『くそ〜、なんで、独り子なんか創造したんだ!』

全能の主がこのように語ると、その御言葉にすべての天使が歓喜しました。
そうだ、確かにそのように見えたのですが、事実はすべての天使がそうだったというわけではなかったのです。

独り子を讃える大宴会がいつまでも続いていました。
そして夜になると、天使の大軍勢はそれぞれの天幕に入り休みました。

しかし、ただ一人、ルシファーだけは眠らずにいたのです。ルシファーは高い天使の階級に属し、権力においても、寵愛と名誉においても偉大な天使でしたが......

【失楽園関連記事】