絵画で分かる旧約聖書・新約聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
旧約聖書

アムノンとタマル

アムノンとタマル
グエルチーノ〈アムノンとタマル〉

(サムエル記下 第13章)
さてダビデの子アブサロムには名をタマルという美しい妹があったが、その後ダビデの子アムノンはこれを恋した。アムノンは妹タマルのために悩んでついにわずらった。それはタマルが処女であって、アムノンは彼女に何事もすることができないと思ったからである。

ところがアムノンにはひとりの友だちがあった。名をヨナダブといい、ダビデの兄弟シメアの子である。ヨナダブはひじょうに賢い人であった。彼はアムノンに言った、
「あなたは病と偽り、寝床に横たわって、あなたの父がきてあなたを見るとき彼に言いなさい、『どうぞ、わたしの妹タマルをこさせ、わたしの所に食物を運ばせてください。そして彼女がわたしの目の前で食物をととのえ、彼女の手からわたしが食べることのできるようにさせてください』」

そこでアムノンは横になって病と偽ったが、王がきて彼を見た時、アムノンは王に言った、
「どうぞわたしの妹タマルをこさせ、わたしの目の前で二つの菓子を作らせて、彼女の手からわたしが食べることのできるようにしてください」

そこでタマルはその兄アムノンの家へ行ったところ、アムノンは寝ていた。タマルは粉を取って、これをこね、彼の目の前で、菓子を作り、その菓子を焼き、なべを取って彼の前にそれをあけた。しかし彼は食べることを拒んだ。

そしてアムノンは、「みな、わたしを離れて出てください」と言ったので、皆、彼を離れて出た。
アムノンはタマルに言った、「食物を寝室に持ってきてください。わたしはあなたの手から食べます」
そこでタマルは自分の作った菓子をとって、寝室にはいり兄アムノンの所へ持っていった。

タマルが彼に食べさせようとして近くに持って行った時、彼はタマルを捕えて彼女に言った、
「妹よ、来て、わたしと寝なさい」

アムノンに凌辱されるタマル
ル・シュウール〈凌辱されるタマル〉

タマルは言った、
「いいえ、兄上よ、わたしをはずかしめてはなりません。このようなことはイスラエルでは行われません。どうぞ王に話してください。王がわたしをあなたに与えないことはないでしょう」
しかしアムノンは彼女の言うことを聞こうともせず、タマルよりも強かったので、タマルをはずかしめてこれと共に寝た。

それからアムノンは、ひじょうに深くタマルを憎むようになった。(理由は書いてありません)
アムノンは彼女に言った、
「立って、行きなさい」
タマルはアムノンに言った、
「いいえ、兄上よ、わたしを返すことは、あなたがさきにわたしになさった事よりも大きい悪です」

この時、タマルは長そでの着物を着ていた。昔、王の姫たちの処女である者はこのような着物を着たからである。アムノンのしもべは彼女を外に出して、そのあとに戸を閉ざした。タマルは灰を頭にかぶり、着ていた長そでの着物を裂き、手を頭にのせて、叫びながら去って行った。

兄アブサロムは彼女に言った、
「兄アムノンがあなたと一緒にいたのか。しかし妹よ、今は黙っていなさい。彼はあなたの兄です。この事を心にとめなくてよろしい」
こうしてタマルは兄アブサロムの家に寂しく住んでいた。

満二年の後、アブサロムは王のもとにきて言った、
「見よ、しもべは羊の毛を切らせております。どうぞ王も王の家来たちも、しもべと共にきてください」
王はアブサロムに言った、
「いいえ、わが子よ、われわれが皆行ってはならない。あなたの重荷になるといけないから」
アブサロムはダビデにしいて願った。しかしダビデは行くことを承知せず彼に祝福を与えた。そこでアブサロムは言った、
「それでは、どうぞわたしの兄アムノンをわれわれと共に行かせてください」

アブサロムは若者たちに命じて言った、
「アムノンが酒を飲んで、心楽しくなった時を見すまし、わたしがあなたがたに、『アムノンを撃て』と言う時、彼を殺しなさい。恐れることはない。わたしが命じるのではないか。雄々しくしなさい。勇ましくしなさい」

アブサロムの若者たちはアブサロムの命じたようにアムノンにおこなった。

前のページへ 次のページへ