絵画で分かる1話5分の聖書

私にとって、聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つアートバイブルです。

創世記

ノアの燔祭(はんさい)

ノアの燔祭(はんさい)

ノアは主に祭壇を築いて、すべての清い獣と、すべての清い鳥とのうちから取って、燔祭を祭壇の上にささげた。「わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる」
(2015.11.28)全文へ
ノアの泥酔

ノアの泥酔

さてノアは農夫となり、ぶどう畑をつくり始めたが、彼はぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。カナンの父ハムは父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。
(2015.11.28)全文へ
バベルの塔

バベルの塔

時に人々は東に移り、シナルの地に平野を得て、そこに住んだ。彼らは互に言った、「さあ、れんがを造って、よく焼こう」。こうして彼らは石の代りに、れんがを得、しっくいの代りに、アスファルトを得た。
(2015.11.29)全文へ
アブラム、カナン、エジプトへ

アブラム、カナン、エジプトへ

アブラムは妻サライと、弟の子ロトと、集めたすべての財産と、ハランで獲た人々とを携えてカナンに行こうとしていで立ち、カナンの地にきた。エジプトにはいろうとして、彼は妻サライに言った。
(2015.12.05)全文へ
アブラムとロト

アブラムとロト

アブラムはロトに言った「全地はあなたの前にあるではありませんか。どうかわたしと別れてください。あなたが左に行けばわたしは右に行きます。あなたが右に行けばわたしは左に行きましょう」
(2015.12.05)全文へ
サライとハガルとイシマエル

サライとハガルとイシマエル

アブラムの妻サライは子を産まなかった。彼女にひとりのつかえめがあった。エジプトの女で名をハガルといった。アブラムはハガルが産んだ子の名をイシマエルと名づけた。
(2015.12.06)全文へ
名はアブラハムに。契約と割礼

名はアブラハムに。契約と割礼

あなたの名は、もはやアブラムとは言われず、あなたの名はアブラハムと呼ばれる。妻サライは、名をサラと言いなさい。契約を守り、男子はみな割礼をうけなければならない。
(2015.12.07)全文へ
主と三人の使い

主と三人の使い

主はマムレのテレビンの木のかたわらでアブラハムに現れられた。それは昼の暑いころで、彼は天幕の入口にすわっていたが、目を上げて見ると、三人の人が彼に向かって立っていた。
(2015.12.08)全文へ
ロトへの訪問

ロトへの訪問

そのふたりのみ使は夕暮にソドムに着いた。そのときロトはソドムの門にすわっていた。ロトは彼らを見て、立って迎え、地に伏して、言った。
(2015.12.09)全文へ
ソドムとゴモラ

ソドムとゴモラ

主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地を、ことごとく滅ぼされた。
(2015.12.09)全文へ