絵画で分かる旧約聖書・新約聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
創世記

原罪:へびの誘惑

原罪:へびの誘惑
ミケランジェロ・ブオナローティ〈原罪と楽園追放〉の原罪部分

創世記 第3章

主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。
へびは女に言った、
「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」

女はへびに言った、
「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」

へびは女に言った、
「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」

女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた。

原罪と楽園追放
ミケランジェロ・ブオナローティ〈原罪と楽園追放〉

前のページへ 次のページへ