絵画で分かる旧約聖書・新約聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
聖書の名言・言葉

剣をとる者はみな、剣で滅びる

ユダの接吻
ジョット〈ユダの接吻〉

高価な香油をイエスの頭にふりかける女。最後の晩餐での銀貨三十枚を得ていたユダの裏切りへの指摘。これでユダは席を外します。
パンとワインの儀式、そして「ゲッセマネの祈り」の後、ユダに連れられた役人によってイエスは囚われます。

ペテロは女中や人々に問い詰められて、鶏が鳴く前に3回も「(イエスを)知らない」と言います。「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」イエスが言ってたように。

まさに、第26章は新約聖書のクライマックスの日です。

マタイによる福音書 第26章

イエスはこれらの言葉をすべて語り終えてから、弟子たちに言われた。
「あなたがたが知っているとおり、ふつかの後には過越の祭になるが、人の子は十字架につけられるために引き渡される」

そのとき、祭司長たちや民の長老たちが、カヤパという大祭司の中庭に集まり、策略をもってイエスを捕えて殺そうと相談した。 26:5しかし彼らは言った、
「祭の間はいけない。民衆の中に騒ぎが起るかも知れない」

(中略)

イエスがまだ話しておられるうちに、そこに、十二弟子のひとりのユダがきた。また祭司長、民の長老たちから送られた大ぜいの群衆も、剣と棒とを持って彼についてきた。イエスを裏切った者が、あらかじめ彼らに、
「わたしの接吻する者が、その人だ。その人をつかまえろ」
と合図をしておいた。

彼はすぐイエスに近寄り、
「先生、いかがですか」
と言って、イエスに接吻した。

しかし、イエスは彼に言われた、
「友よ、なんのためにきたのか」

このとき、人々が進み寄って、イエスに手をかけてつかまえた。すると、イエスと一緒にいた者のひとりが、手を伸ばして剣を抜き、そして大祭司の僕に切りかかって、その片耳を切り落した。

そこで、イエスは彼に言われた、
「あなたの剣をもとの所におさめなさい。剣をとる者はみな、剣で滅びる。それとも、わたしが父に願って、天の使たちを十二軍団以上も、今つかわしていただくことができないと、あなたは思うのか。しかし、それでは、こうならねばならないと書いてある聖書の言葉は、どうして成就されようか」

そのとき、イエスは群衆に言われた、
「あなたがたは強盗にむかうように、剣や棒を持ってわたしを捕えにきたのか。わたしは毎日、宮ですわって教えていたのに、わたしをつかまえはしなかった。しかし、すべてこうなったのは、預言者たちの書いたことが、成就するためである」

そのとき、弟子たちは皆イエスを見捨てて逃げ去った。

前のページへ 次のページへ