アートバイブル1話5分で読める聖書

旧約聖書・新約聖書はとても読みづらいです。
この絵画で分かりやすい聖書は、
ギリシャ神話〉と同じく映画・美術鑑賞に
とても役に立つ聖書・アートバイブルです。
ヨハネの黙示録

太陽をまとう女と七つ頭の龍〜ミカエルと竜の戦い

【ひとりの女】中世では聖母マリアと同一視されます。ということは、子はイエスになります。
【赤い竜】赤は憤怒、残虐、殺人、罪などを暗示。
【小羊の血】イエスの十字架上の死
【鷲の二つの翼】神がイスラエルを鷲の翼に乗せて、エジプトから救い出したといいます。
※ミルトン著『失楽園』によると、イエスが原因となり天使間アルマゲドンが起こります。そして、大天使ミカエルとサタン(ルシファー:龍)が、戦います。

太陽をまとう女を狙う龍
〈太陽をまとう女を狙う龍〉

ヨハネの黙示録 第12章〜太陽をまとう女と七つ頭の龍

また、大いなる徴(幻)が天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。

また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、大きな、赤い龍がいた。それに七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっていた。その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。

龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうとかまえていた。

女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である。この子は、神のみもとに、その御座のところに、引き上げられた。女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、神の用意された場所があった。

天の戦い(ミカエル vs 龍)
〈天の戦い(ミカエル vs 龍〉

ミカエルと竜の天上の戦い

さて、天では戦いが起った。
ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経た蛇は、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。

その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、
「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。
兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。

それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。
しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。
悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」

龍は、自分が地上に投げ落されたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。

しかし、女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きな鷲の二つの翼を与えられた。そしてそこで蛇からのがれて、一年、二年、また、半年の間、養われることになっていた。蛇は女の後に水を川のように、口から吐き出して、女をおし流そうとした。

しかし、地は女を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍が口から吐き出した川を飲みほした。龍は、女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために、出て行った。そして、海の砂の上に立った。

黙示録的な女

前のページへ 次のページへ

【ヨハネの黙示録関連記事】